コスパ最高!HAKUBA(ハクバ)のレンズプロテクター(保護フィルター)XC-PRO エクストリーム レンズガードをレビュー

2018年8月2日

こんにちは。兼業主夫のケン@ working_father です。

先日、レンズプロテクターの購入を検討するために下記記事を作成しました。

レンズプロテクター(保護フィルター)17製品のスペック・価格を徹底比較

その中でコスパが高いとオススメした商品であるハクバのXC-PROエクストリームレンズガードの67mm経を購入しましたのでレビュー致します。

スペックと価格

上であげた記事にもありますが、スペックと価格のおさらいを行います。

  • 反射率0.3%以下
  • 撥水・防汚コーティング有り
  • 薄枠
  • 2,100円(67mm経・2017年12月上旬の価格)

外観

パッケージからフィルター外観、レンズに取り付けた例をご紹介致します。

パッケージ

パッケージの表と裏はこちらです。

フィルターケース

他の製品でもあるかと思いますが、フィルターのケースが付属しています。

フィルター外観

黒い縁に赤文字と白文字で刻印されています。

MADE IN JAPANという赤文字の刻印がカッコイイですね。

着用例

フィルター有無の外観を比較してみました。
フィルター無し

フィルター有り

この角度からみるとフィルターの表面な白っぽくなっており写りに影響があるのではないかと思ってしまいます。

フィルター有無による写りの比較

フィルターの有無により写りに影響がでるか、いくつかのシチュエーションで比較しました。

順光の場合

フィルター無し

フィルター有り

横からレンズに向かって光を当てた場合

右側からレンズに向かって光を当てて撮影しました。
フィルター無し

フィルター有り

フレア発生時の比較1

被写体の後ろからレンズに向かってスマホのライトを当てて撮影しました。
フィルター無し

フィルター有り

フィルター有無に関わらずフレアが発生していますが、それぞれの差は感じられません。

フレア発生時の比較2

レンズのすぐ近くからレンズに向かってスマホのライトを当てて撮影しました。
先程の例よりも光が強い場合を想定しています。
フィルター無し

フィルター有り

フィルター有りの場合、拡大しないと分かりにくいのですが新たに左下にフレアが発生しています。強い光が当たった場合はフィルターの有無で影響が出ると思われます。
逆光時に気合を入れた撮影を行う場合は、角度を変えて光源の影響が出ないようにするか、フィルターを取り外して撮影するのが良さそうです。

撥水性能の検証

撥水性能の比較を行うため、撥水コーティングのされていないケンコー・トキナーのPRO1Dプロテクターと本製品それぞれに水滴を垂らして比較を行いました。
並べて比較

ハクバのXC-PRO

ケンコー・トキナーのPRO1Dプロテクター

見て頂ければわかるように撥水コーティングの有無により水の弾き方が全く違います。写真では示せないのですが、フィルターからの水の拭き取り安さも全然違いました。

最後に

検証を行い改めて思いましたが、たった2,000円程度でこれだけ高性能のフィルターを購入でき満足です。コスパの高いものとして十分オススメ出来るものかと思います。
レンズプロテクターの購入を検討されている方は経にもよって値段が変わりますので、一度下記リンクからチェックしてみて下さい。

帯電防止コーティングがされているなど、もう少し高性能なレンズプロテクターをお探しの方は下記製品がオススメです。

また、先頭にも記載しましたが、各フィルターの性能と価格をまとめた記事は以下になります。あわせてご覧頂ければ幸いです。

レンズプロテクター(保護フィルター)17製品のスペック・価格を徹底比較

[オススメ記事]
Amazonギフト券にチャージするだけで1000ポイント貰えるかやってみた!

最後まで読んで頂きありがとうございます。
YouTubeでもキャンプ飯のレシピ動画やキャンプ用品のレビュー動画を投稿しています。
現在、チャンネル登録者2,000人を突破しました。よろしければ下記リンクよりチェックしてみて下さい。