Warning: Creating default object from empty value in /home/photocon-portal/www/working-father/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/includes/options/redux-core/inc/class.redux_filesystem.php on line 29
豆電球が眩しくて安眠できない!でも真っ暗な部屋は怖い!その悩みLED足元灯(フットライト)が解決します! | 兼業主夫のケンBlog

豆電球が眩しくて安眠できない!でも真っ暗な部屋は怖い!その悩みLED足元灯(フットライト)が解決します!

2018年8月2日

こんにちは。兼業主夫のケン@ working_father です。

僕は2歳の娘と同じ部屋で寝ているのですが、「豆電球が眩しい」という僕と、「真っ暗だと怖い」という娘の意見が対立していました。
昔から真っ暗な部屋で寝ていた僕は豆電球ですら眩しく感じてしまいます。それに加え、一日中パソコンを使用している身としては寝ている間くらい目を完全に休めたいのです。しかし、娘の怖いという気持ちも分かります。
そこで2人の悩みを解決するために色々と調べたところ、足元灯(フットライト)が解決してくれました!

豆電球が安眠を妨害する2つの理由

豆電球を付けて寝ると以下の2つの理由で安眠が妨害されてしまいます。

豆電球が眩しすぎる

寝るときの部屋の明るさは0.2〜3.0ルクス程が良いとされています。しかし、豆電球は9ルクスとかなり明るいのです。

光源が直接目に入る

豆電球は天井の照明についているため、仰向けに寝るとどうしても光が直接目に入ってきます。試していただくとわかるかと思いますが、豆電球の光ですら目を閉じてもまぶたを通過して目に入ってしまいます。これでは安眠できませんよね。

足元灯(フットライト)で解決


上記問題を解決してくれるのが足元灯/フットライトです。足元に設置することで直接光が目に入らず、間接照明のように柔らかい光で照らしてくれるので眩しく感じることがありません。

数ある足元灯から寝室に適した条件

足元灯にも様々な商品がありますが、どの商品を購入すれば良いでしょうか。
寝室に適した条件を確認していきましょう。

明るすぎないもの

夜間寝る時に使用するものなので、明るくないものを選びましょう。

点灯し続けるもの

省エネのため動作を感知したときのみ点灯するものがありますが、これでは部屋が真っ暗になってしまい「暗くて怖い」という問題を解決してくれません。
また、寝返りを打つなどの動作のたびに点灯してしまい、それによって目が覚めてしまう恐れがあります。

明暗センサーの付いたもの

上に動作を感知したときのみ点灯するものは止めておいた方が良いと書きましたが、光を感知して暗いときのみ光るものはおすすめです。
明暗センサーがないものは夜に手動でスイッチを入れると思いますが、明るくなった朝にはライトが付いていることに気づかずスイッチを入れたまま寝室をことが頻発すると思われます。ライトが付いたままだと電気代もかかりますし、点灯し続けるため寿命も短くなってしまいますよね。

コードがないもの

足元に設置するもののため、寝ぼけて蹴っ飛ばしてしまう恐れがあります。できるだけコンパクトでコードがないものにしましょう。

LEDのもの

電球ではなく、LEDのものにしましょう。理由は以下の3つあります。

  • 電気代が安い
  • 寿命が長い
  • 熱を持たない

電球色のもの

LEDライトにありがちですが、白色で目に刺さるような光のものがあります。電球のように黄色っぽい光のほうが目に優しく、気持ちを落ち着かせて寝付きをよくさせてくれますので、電球色のものにしましょう。

寝室に設置する条件を満たした商品

実際に購入しようと調べた結果、この2つの商品に絞り込まれました。参考にしていただけると幸いです。

ヤザワ 暗くなると光るセンサーナイトライト アンバーLED2個入 NL30AM2P

中国製ではありますが、日本メーカーが製造・販売しているため安心感があります。
2個入りで1,000円程度とかなりお手頃な商品です。

アマゾンの評価を確認したところ、レビュー数77で星3.4と評価はあまり高くありません。
しかし、批判的レビューを確認したところ、殆どが「暗すぎる」という物でした。廊下やトイレに設置するには明るさが足りないのかもしれませんが、寝室に置くには最適だと言えます。その証拠に肯定的レビューを確認すると「寝室には最適な明るさ」というものがいくつも見られました。
なお、明るいものが欲しい場合は「アンバー」ではなく、「ホワイト」のタイプを選ぶと良いそうです。

SOAIY LED足元灯 暖光色 4個セット

恐らく中国メーカーのものですが4個入りで1,300円程度と、1個あたりの値段はヤザワのものよりお得です。

中国メーカーのため品質に心配がありますが、アマゾンの評価を確認したところ、レビュー数31で星4.3とかなりの高評価です。
批判的レビューの中で気になったものは「日中でも薄暗い部屋や廊下では点灯し続ける」と言ったものです。この手のレビューはヤザワのものにもありましたので、諦めるしかなさそうです。
また、個人的な意見になりますが、デザインはヤザワのものよりも好みです。

最後に

我が家では上であげた商品のうち、SOAIY製の足元灯を購入しました。詳細につきましては別途記事にまとめますが、娘は寝室が怖くなくなり、僕も眩しい思いをせずに安眠できるようになりました。
もし同じような悩みを抱えている方がいらっしゃいましたらぜひとも足元灯をお試しください。

<追記>SOAIY製足元灯のレビュー記事を作成しました。

寝室に最適!安心に安眠できるSOAIYのLED足元灯(暖光色)をレビュー!

[オススメ記事]
Amazonギフト券にチャージするだけで1000ポイント貰えるかやってみた!

最後まで読んで頂きありがとうございます。
YouTubeでもキャンプ飯のレシピ動画やキャンプ用品のレビュー動画を投稿しています。
現在、チャンネル登録者2,000人を突破しました。よろしければ下記リンクよりチェックしてみて下さい。